自然医学研究所 カムナビブログ

創始者スティルの名著『オステオパシーの哲学』を好きなところから翻訳していくコーナー<自然が生んだ溶剤>

オステオパシーの創始者A・T・スティルが著した

名著『オステオパシーの哲学』を

独断で好きなところから翻訳し

ご紹介していくコーナー。

 

自然が生んだ溶剤

 

脳は身体の他のどの組織よりもまず先に、

リンパ管の神経を洗い流す。

 

小さいもの、離れているものだからといって、

リンパ管のある部分、あるいはリンパ管の鎖と

直接的に繋がっていない部位はない。

 

オステオパシー医師には、

自然の治療薬をいつ処方し、

どのように渡し、

管理するのかと考えねばならないことが数多くある。

 

病気とは、

身体の一部あるいは全身にゆっくりと堆積が起こった結果である。

 

堆積物は

血液やその他の液体が本来どおりに動いて機能的に作用することを妨げるが、

我々はその堆積物の溶剤を捜し求めようとする。

 

溶剤は、

生命活動を抑制する何らかの物質から身体を守り、

汚れの無い状態を保つのだ。

 

我々はリンパ管のことを探求した結果、

それが人間の身体にとって必需品といっていい

魂のようなものだとわかった。

 

そのときから、それらを働かせることは、

全身に十分に供給できる分泌腺があるのと同じだということを

我々は認めなければならなくなった。

 

素朴な言葉を借りて表現すれば、

病気とは生命という車輪が汚れすぎただけだということだ。

 

そうであれば、汚れを洗い流すために、

自然はこの方法を採り入れているというふうに見てとれるだろう。

 

応用的にいうと、

肺炎は肺という車輪が汚れすぎただけであり、

そうであれば洗い流さなければならないとなる。

 

リンパ管以上に水を汲むのに適した場所はない。

 

火事に備えて全ての窓にホースの口を取り付け、

燃える家に水をかける準備ができている消防隊と

違わないのではないだろうか?

 

「backdraft」の画像検索結果

 


自然医学研究所 カムナビ

自然医学研究所カムナビ(白樺16条西19)
オステオパシー施術のご予約はこちら
 
電話 >> 080-1868-9950
メール >> info@ka67vi.com
「はい、カムナビです」と出ますので
「施術の予約をお願いします」とお伝えください!

140年の伝統を誇る本格的な徒手医学「オステオパシー」はカムナビへ。

カムナビの施術は帯広、江別、京都で受けられます。

 

【9月】カムナビ施術日程のお知らせ

こんにちは、カムナビです。

 

それでは、9月のカムナビ施術の日程をお知らせします。

ご確認の上、ご予約のほどよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江別:9月6日(木)~8日(土)

京都:9月20日(木)~26日(水)

 

 

詳しくは、ホームページ内(http://ka67vi.com/)のカレンダーでもご確認いただけます。

 

かむながら たまちはえませ

 


自然医学研究所 カムナビ

自然医学研究所カムナビ(白樺16条西19)
オステオパシー施術のご予約はこちら
 
電話 >> 080-1868-9950
メール >> info@ka67vi.com
「はい、カムナビです」と出ますので
「施術の予約をお願いします」とお伝えください!(施術希望場所も)

140年の伝統を誇る本格的な徒手医学「オステオパシー」はカムナビへ。

カムナビの施術は帯広、江別、京都で受けられます。

創始者スティルの名著『オステオパシーの哲学』を好きなところから翻訳していくコーナー<真に健康な身体>

オステオパシーの創始者A・T・スティルが著した

名著『オステオパシーの哲学』を

独断で好きなところから翻訳し

ご紹介していくコーナー。

 

<真に健康な身体>

我々は真の健康に目を向けるが、

それが意味するのは、

一部だけではなく身体全体が完全で調和しているということである。

 

 

我々は、そのときに限って愛と感動と畏敬の念に満たされる。

 

 

哲学者のところには、それとは違う観察の機会が訪れる。

 

 

我々は最も単純なものから最も高度なものまでを動きと死の中に眺め、

その中から局所に存在するあるいは全身に偏在する不調和を見出す。

 

 

そこで“何故”の書のページが開かれ、

苦悶すらする程の心理的な苦しみが呼び起こされる。

それは原因を知るためである。

四肢のどこかで、感覚、動き、栄養、そして随意的、非随意的な機能の顕現に対する問題を引き起こしている原因を知るためである。

 

 

哲学者の知性は、

骨、靭帯、筋、筋膜、

そして心臓から至るべき局所へと血液が流れていく経路を、

リンパ管やその内容とともに調べる。

神経、血管、そして全ての物質を全身へと巡らすあらゆる脈管、

とりわけ障害を負って問題が起こっている四肢への脈管を調べるのだ。

 

 

哲学者は探索を続け、

心臓へと行き来している血液を入手して調べるが、

満足のいく結果は得られない。

 

 

どうして欲しい結果が得られないのか、

謎はどこにあるのか、

力や活力のどういった特質や要素が抑えつけられているのか、

哲学者は“何故”の書の別のページを開いてみる。

 

 

哲学者の頭に到来したのは、

脳脊髄液が人体の中にある既知の要素の中で最上位の要素であり、

もし脳がこの流体を充分に供給しなければ、

身体には障害のある状態が残されるという考えである。

 

 

道理のわかる哲学者は、

この生命の大河に手を加えて枯れた大地に直ちに水を引かなければ、

健康という収穫物が永遠に失われることを理解する。

 

「river of life」の画像検索結果

 


自然医学研究所 カムナビ

自然医学研究所カムナビ(白樺16条西19)
オステオパシー施術のご予約はこちら
 
電話 >> 080-1868-9950
メール >> info@ka67vi.com
「はい、カムナビです」と出ますので
「施術の予約をお願いします」とお伝えください!

140年の伝統を誇る本格的な徒手医学「オステオパシー」はカムナビへ。

カムナビの施術は帯広、江別、京都で受けられます。

 

10 / 39« 先頭...91011...2030...最後 »