自然医学研究所 カムナビブログ

発達障害、成長不全、中耳炎、斜頚、喘息などなど小児期の問題について

こんにちは、新生児の施術も可能な、カムナビです。

 

オステオパシーの得意分野の一つが小児領域です。

私も、発達障害などの障害を持ったお子様をみさせていただいています。

 

オステオパシーが何故、小児領域が得意かといえば、オステオパシーは膜構造に働きかけることが可能だからです。そして、胎児期に発生してしまう身体の問題を診断し、アプローチできるからです。

 

みなさんの骨格は成長すると硬くなりますが、本来は軟骨や膜から発生が始まります。特に、頭蓋骨や骨盤は成人すると癒合して一体化してしまいますが(本当はそうでもないのですが)、小児期にはまだまだ柔らかくて癒合していません。大泉門という額の上の場所がペコペコしてるといえば、みなさんお分かりになるでしょう。

 

胎児期に子宮の中でプレッシャーを受けたり、産道を通るときに骨盤がうまく開かずに強いプレッシャーを受けたり、逆に帝王切開でプレッシャーがなかったり、落ちて頭を打ったり。こういったことがあると、膜に張力がかかってしまい、それが残ってしまうことがあります。この病変が強すぎる場合には、明らかな障害として小児期から何らかの形で現れることになりますが、そうでなくても40代、50代になって身体の補正作用が追いつかなくなったときに、頭痛などの症状として現れたりします。

 

この膜構造の問題に対処するには、筋肉を揉んだり、ストレッチしたり、関節をポキポキ鳴らしたりする方法では無理です。筋膜に働きかけられるオステオパシーの技術ならではこそ、可能なことです。勿論、頭蓋の解剖を隅々まで把握しているオステオパスほど良好な結果をもたらすことができます。

 

オステオパシーが国家資格であり普及が進んでいるフランスでは、産婦人科医がオステオパシーのことを理解しているので、新生児はほぼ全員がオステオパシーを受けているそうです。そこで、胎児期にできた病変がないかチェックされ、病変があれば取り除いておくのです。これで、将来起こるべくして起こったであろう病気が予防されるし、負ってしまった障害の程度も軽くなるのです。

 

本質論を言えば、妊婦の生活やお産自体を現在の不自然な状態ではなく、昔のように自然に近い形に戻せば、オステオパシーすら必要なくなるのかもしれません。

 

ただ、現状はオステオパシーで問題解決できる場面が増えれば良いと思います。地に足の着いたオステオパシーのパフォーマーが増えて欲しいものです。

 

「Pediatric craniosacral」の画像検索結果

 


自然医学研究所 カムナビ

自然医学研究所 カムナビ(サロン齋藤亭内)
オステオパシー施術のご予約はこちら
 
電話 >> 080-1868-9950
メール >> info@ka67vi.com
「はい、カムナビです」と出ますので
「施術の予約をお願いします」とお伝えください!

京都・十勝・帯広・江別のオステオパシー治療はカムナビへ。
腰痛・肩こり・不定愁訴など、あなた辛い症状を根本的に改善致します。

 

マヤ暦☆子育てお茶会

こんにちは、先日マヤ暦のアドバイザー資格を得たカムナビです。

 

本日は、サロン齋藤亭にて、江別よりマヤ暦シニアアドバイザーである

青木さんを招いて「マヤ暦☆子育てお茶会」を開催しました。

 

4~5歳の子供さんを抱えるママさんが集まって、マヤ暦をベースに子育てに関するお話をしてもらいました。

 

ママさん達はとても盛り上がり、子育てにとても良いヒントを得て帰られたように思います。マヤ暦を学びたいー!という方も出てきました。

 

講師の青木さんは、北海道でも2名しかいないマヤ暦シニアアドバイザーで、鑑定のスペシャリストです。マヤ暦のことはネットでも調べられますが、青木さんの分析力、トーク力はすさまじいです。

 

また、機会があればこういう会を開いて、マヤ暦でシンクロする方が増えればと思います。マヤ暦のセッションを受けたい方、講座を受けたい方などリクエストがあれば、カムナビまでお問い合わせください。

 

「マヤ暦」の画像検索結果


自然医学研究所 カムナビ

自然医学研究所 カムナビ(サロン齋藤亭内)
オステオパシー施術のご予約はこちら
 
電話 >> 080-1868-9950
メール >> info@ka67vi.com
「はい、カムナビです」と出ますので
「施術の予約をお願いします」とお伝えください!

京都・十勝・帯広・江別のオステオパシー治療はカムナビへ。
腰痛・肩こり・不定愁訴など、あなた辛い症状を根本的に改善致します。

最近話題の筋膜リリースとは

こんにちは、本物の筋膜リリースをお届けするカムナビです。

 

最近、TVで「筋膜リリース」が取り上げられることが多いと聞いています。

先週、珍しくTVを点けると、スマスマで最新キーワードの一つに「筋膜リリース」が取り上げられてました。

日本ではオステオパシーの認知度が低いのか、紹介している人自体に知識がないのかわかりませんが、「オステオパシー」のオの字も出てきません。ですが、「筋膜リリース」は元々は、というか今でもオステオパシーを代表するテクニックなのです。

最近は他にも巷で、「リンパドレナージ」、「クラニオセイクラル」などの言葉を聞く事がありますが、これらも本来はオステオパシーのテクニックです。やってる人、教えてる人がその事実を全然知らないことも多いようですね。

 

ロックをやるなら、ビートルズとかジミヘンとかの存在は知っておいてください、柔道とか合気道をやるなら、大東流合気柔術の存在くらいは知っておいてください、そしてリスペクトは払ってくださいよって少し思います。

十勝に住むなら依田勉三さんのことは知っててくださいねってところでしょうか?

 

ちなみに、カイロプラクティックという施術もオステオパシーから派生しています。

カイロやってる人で、逆だと教わっている人もいるらしいですが、これは大きな間違いです。カイロの創始者のD・D・パーマーはオステオパシーの創始者のA・T・スティルの学校に通って、スティルから教えを受けていました。

 

 

勿論、様々なテクニックがオステオパシーをルーツとして発展、研究されるのはよいことだと思います。

 

けれども、少し首をひねるようなこともあります。

つまり、オステオパシーは全体性を考慮する治療だということです。

 

オステオパシーでは、筋膜だけを整えるとか、リンパだけを流すとか、頭蓋仙骨だけを調整するという概念では治療はしないのです。

例えば、リンパが滞っている原因がどこかの靭帯の制限であるのなら、その靭帯を緩めておかないと、いくらさすってリンパを流しても効果が小さくなるということです。リンパドレナージする前に、クリティカルな筋膜や骨格を整えましょうってことです。

 

筋膜リリースについても、TVでは自分で実施する筋膜リリースを紹介していましたが、あれは単なる「筋膜ストレッチ」としか思えません。やって損はしないとは思いますが。

しかし、あれで筋膜リリースを名乗るなら、筋膜リリースの原理を全く知らないのかなーと勘ぐったりします。ま、「TV向けにセルフエクササイズを紹介してください」ってメディア側のリクエストに答えただけなのかも知れませんが。

 

筋膜の組成の大部分を占めるコラーゲンには、圧電特性という電気的な性質があったり、本来の状態に戻る形状記憶合金のような性質があって、微細な感覚を読み取れるオステオパスが微細な操作を加えて「リリース」するというのが筋膜リリースの本質です。セルフエクササイズではなかなか「リリース」しません。

 

また、私が思うに、筋膜リリースには施術者と患者の意識も大きく関わっていると思っています。今の科学技術で計測できる対象しか信じない人や、統計学至上主義の西洋医学では到底たどり着かない領域の原理があると思います。科学はまだまだ追いついてこないでしょう。ですので、意識を伴わない独りでやるセルフエクササイズは本質的ではないのです。

 

更に言うのであれば、意識のことを解明しない限り、AIが搭載された精細な作業のできる機械なんかでは、筋膜リリースは実現できないでしょう。医者の仕事の多くはAIで置き換わることが確定的ですが、オステオパスの仕事はAIでは置き換わりまえません。オステオパスの方々は安心してください。ただし、互いに技術はしっかり磨いていきましょう!!

 

「myofascial release」の画像検索結果

30 / 45« 先頭...1020...293031...40...最後 »
  • カレンダー

    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • facebook
    ご予約・お問合せご予約・お問合せ

    受診に迷われている方のご相談もお受けしております。